前髪ひとつでキャラが変わる

 

こんにちは!黒髪パーマがトレードマークの湊です!

 

 

 

 

最近の私はというと…

 

今の髪型に正直少し飽きてきました!笑

ということでさっそくヘアチェンジ。

 

 

 

 

女性は常に変化を求めると言いますが、

それにしても、

 

 

ずっと同じ髪型で飽きる。

変化がほしい。

髪が長くなってきても個性を出していきたい。

 

 

 

ちょっとだけ毛先のメンテナンスをし、

前髪はセンターパートでパーマをかけました。

 

 

 

 

前髪にはこだわりのある私ですが、

なぜ前髪を重要視しているのか、

いくつか理由があるので、

今日は、その前髪がもつ力についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

髪型には性格があります。

 

なかでも、印象をもっとも大きく左右するのは前髪です

 

 

 

人は、人と話をするときに相手の目を見ます。

 

そのときに視界に入るのが前髪。

 

毛先を10センチ切っても気づかれないことはよくあるのですが、

前髪は1センチ切っただけで、すぐに気づかれますよね。

 

それくらい、前髪の印象は強いものです。

 

 

 

ショートヘアの場合、

前髪以外の情報も目に入ってくるので、

前髪の印象は5割程度。

 

ロングヘアなら前髪の印象が、

全体の印象の8割を決めるといっても過言ではありません。

 

 

 

髪の長い人が、イメージを変えるとしたら、

とにかく前髪です!!

前髪の形で、

髪が持つ性格が変わります。

 

 

 

 

*おろし前髪は、幼さの象徴

 

今日は、

「おろし前髪(フルバング)」から解説したいと思います。

 

この前髪は、幼さや可愛らしさの象徴です。

 

なぜなら、おろし前髪は、

もともと幼い子どもに多い髪型だからです。

 

 

 

このおろし前髪の中でも、

直線的なカットラインを強調したのが、

いわゆる「ぱっつん前髪」です

 

このぱっつん前髪は、ただのおろし前髪よりも、

前髪に視線を集めやすく、

幼さや、可愛らしいキャラの印象をより強くします。

 

 

 

ぱっつん前髪は、

別名、「目ヂカラ前髪」ともいいます。笑

 

目の上にまっすぐのラインができるので、

自然と目元に視線がいきやすく、

目元が強調されるのです。

 

目の大きな人がぱっつん前髪をしていると、

より目が大きく見えます。

 

 

 

「アイドルにはぱっつん前髪が多い」

これもやはり、

この幼い印象と目ヂカラ効果をうまく使っているのです。

 

 

 

大人の女性がこのぱっつん前髪にすると、

若作り感や、イタさが出ると言う人もいます。

 

たしかにその危険性はあるのですが、

逆にそれを知っていて「あえて」やっている雰囲気を出せると、

「強さ」や「ただものではない感」が漂います。

 

 

 

たとえば、 『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われる、

雑誌「VOGUE」の編集長、

アナ・ウィンターは、

眉下の長さのぱっつん前髪です。

 

彼女はもう50代ですが、かれこれ数十年、

このぱっつん前髪を貫き通しています。

 

 

 

彼女のような大人の女性が、

あえてぱっつん前髪にすると、

それは一転して、

意志の強さや揺るがなさの象徴になります。

 

普通は大人が選ばない前髪だから、

かえって、おしゃれ上級者っぽい。

 

モードな雰囲気も強くなります。

 

 

 

 

*前髪ひとつで人格が変わる

 

これは余談ですが、

映画の 『プラダを着た悪魔』は、

アン・ハサウェイが演じる地味な女性主人公が、

メリル・ストリープ演じるモード誌の編集長に雇われ、

どんどん美しくなり洗練されていく物語です。

 

この映画の中で、

アン・ハサウェイは前髪をぱっつん前髪にチェンジします。

彼女はこの前髪カットで一気に垢抜け、

「ダサいけれど幸せな生活を送るジャーナリスト志望の女の子」から、

「ファッション業界の先端で活躍するバリキャリ女性編集者」へ

と人格を変えました

(最先端のファッションを描いた映画なのに、

服ではなく前髪カットが主人公のターニングポイントなんだ!

というのが感慨深かったです)。

 

 

ただし、この話には、続きがあります。

編集者仲間に一目置かせた、

このモードなぱっつん前髪ですが、

彼氏には不評なのです。

 

 

このように、

髪型には性格があるので、

あるジャンルの人たちには絶賛されても

あるジャンルの人には不評ということが起こりえます

 

どちらの自分が、

彼女にとってよりフィットしたのか……。

これは、そのまま映画のテーマにもなっています。

続きはぜひ、映画で。

 

 

 

 

今日のPOINT

・おろし前髪が持つ性格→幼さ、若さ、可愛らしさ

・大人のおろし前髪が持つ性格→モード感、ただものではない感

 

 

次回は、斜め前髪・かきあげ前髪・センターパート・ショートバングについても解説していきます!

これを機に、前髪に変化を求めてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)