コテの正しい使い方知ってる?

皆さんどうもこんにちは!

 

最近スカーフアレンジにハマっている

アシスタント前田です( ´∀`)

 

Instagramはこちらから♪

自己紹介分も載せておりますので宜しければ

こちらからご覧下さい。

 

 

 

今日は先日宣伝した通り、

 

ドライヤーやアイロン、コテなどの

正しい使い方について説明します!!

 

 

みなさん知ってました??

実はこのアイロン、こて、ドライヤーって

間違えた使い方をすると、

すごい髪の毛のダメージにつながるんです怖怖

 

 

特に、カラーやパーマ、縮毛矯正など

お薬の詐術をされた方はダメージを

受けやすくなっているので要注意!!

 

 

 

 

もしかしたらあなたの髪はよしと思ってやっていることに

よってものすごくダメージを受けているかも!!?

 

 

 

では、早速行ってみましょう♪

 

 

まずはコテ・アイロンから!

 

皆さんは、アイロンやコテの温度設定何度にしてますか?

実は、髪の毛もやけどってするんです。

 

 

簡単にあとがつくから、美容師さんの真似をして

180度、200度

なんてことはないですか??

 

 

それ チョーーーーーーー危険です!!!

 

 

考えてみてください。

ほっぺに首筋にアイロンやコテが当たった時、

 

 

「アッツ!!!!!!!!」

 

 

ってことないですか?

 

現役美容師がお勧めする温度は

 

ずばり最高160度!!

 

160度でもほっぺに当たれば熱いんですが…、

180度とはたった20度で雲泥の差なのです。

 

更に200度なんて雲泥の差です。

 

 

 

髪の毛が耐えられる温度が160度までだそうです。

160度を超えてしまうと、髪の毛の外側を守っている

キューティクルを固く分解してしまうんです。

 

 

想像してください。

 

 

生卵沸騰したお湯の中に入れます。

ある一定の温度で生卵は美味しいゆで卵になります。

 

しかし、ある温度を超えてしまうと、殻は割れ、

卵の中身は硬く変形していってしまい、美味しく食べるのが

困難になってしまいます。

 

 

 

卵の主成分はタンパク質です。

ちなみに髪の毛の主成分もタンパク質なのです。

 

 

タンパク質は熱が高すぎると壊れてしまいます泣

 

つまり、髪の毛も高温すぎる熱に触れると壊れて(傷んで)

しまう可能性があるわけです。

 

なので、アイロン、コテの温度は

160度以下でお願いします♪

 

 

 

 

 

 

また、これは健康毛の方の話です。

 

カラー(特にブリーチ)、縮毛矯正などを

されている方。

 

160度でも髪に悪影響な場合があります。

130度でも実はしっかりあとが残るんです驚

大丈夫そうでしたら、徐々に温度を上げてみてください!!

 

 

ちょっと長くなってしまったので、

ドライヤー編は別の記事でご紹介します!!

 

ではまた^^

 

 

Hair design Paul    前田 織衣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)