髪には上下関係がない

こんにちは!

黒髮パーマがトレンドマークのHINAKOです。

 

(私の自己紹介はこちらから。

是非Instagramも宜しくお願います!)

 

前回は、「自分らしい」を自分で決める為に、髪を使う、というお話をさせていただきました。私がここまで髪に思いれを持ち、記事を書かせていただいているのには、沢山の理由があります。

ここではまずひとつ。

 

それは、髪には上下関係がないということです。

 

たとえばメイクには「目指すべき顔」というようなものがあると感じます。

 

これまでいろんな美容雑誌を見てきましたが、デカ目を小さく見せましょうとか、二重を一重に見せましょうとか、そういうページはなかった気がします。鼻を低く見せたり、顔を大きく見せたりするテクニックも聞いたことがないですね。

 

つまり、メイクには正解があるのでしょう。

二重が正解で、高い鼻が正解で、顔が小さいほうが正解。

 

正解という言葉は強すぎるかもしれませんが、多くの人は、「目指すべき美人顔」の方向に向かって、自分の顔をメイクしているように思います。

 

ダイエットも同じです。ウエストや太ももを太くしましょうというダイエット法は、普通はないですよね。

 

それに比べて、髪には正解がない。上下関係もない。

 

ロングヘアのほうが偉いわけでもないし、ショートヘアがベストなわけでもない。その人にとって、似合う髪と似合わない髪がある。

 

ロングでも美しくなりえるし、ショートでも美しくなりえる。100人いれば、100パターンの答えがあり、美しさがある。

 

私は、髪の、ここが、とても好きです。

 

 

*「髪」は誰かと比べる必要がない

「上下」がないということは、人と比べなくていいということです。人と比べなくていいって、心がすごく楽です。

 

元の顔立ちや体型や年齢やセンスに関係なく、髪は平等に人を輝かせてくれます。

それはなぜかというと、髪は、誰かが決めた正解を目指すのではないからです。

人と比べてどうこうじゃない。ただただ、自分史上一番素敵になればいいだけ。誰にでも同じだけ、チャンスがあるのです。

 

 

×美人と自分を比べる

◯私史上一番美人になる

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)