当たり前のように使っているシャンプーは…

こんにちは!美容室ポールの吉田です!

吉田香織のプロフィールはコチラから!

Twitter   Instagram  Facebook  もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

皆さん

シャンプーって頭を洗う時に当たり前に使っていますよね

 

 

では、シャンプーはどのようにして生まれたかご存知ですか?

 

 

 

ということで今回はシャンプーの起源についてです!!

 

 

 

 

 

 

そもそも、「シャンプー」という言葉は「マッサージする」というヒンドゥー語が語源だそうです

 

 

そもそも頭を洗うものではなく、マッサージするためのものだったんですね!

 

 

髪を洗うという行為は紀元前から行われており、もともとは神様に祈りを捧げるみそぎでした

 

 

 

 

 

 

一方日本では

 

まだ日本人が時代劇などでよくみるような日本髪を結っている時代、月に1、2度しか髪を洗わなかったそうです

 

 

 

日本髪を結うために油を多く使用していたため、油分を取り除くために小麦粉や灰汁で髪を洗っていたそうです

 

 

綺麗になりそうもないですね…..

 

 

 

 

シャンプーらしきものが登場したのは明治時代です

 

火山灰や粘土を混ぜた粉石けんが使われました

 

 

 

その後、昭和元年でようやく「シャンプー」という言葉が使われるようになりました

 

 

 

意外にも最近のことなんですね!!

驚きです!!

 

 

 

現代、灰汁などを使っていたシャンプーも日々進化をして私達の髪の毛や頭皮を清潔にしてくれています

 

 

歴史を知ることで現代のシャンプーの良さがわかると、またヘアケアに興味が湧いてきますね!!!

 

 

もっともっと美しい髪の毛を目指しましょう!!

ぜひポールへお越しください!!

 

 

 

 

 

 

ポールのLINE@も作りました!美容学生の方など、ご登録ぜひお願いします!

友だち追加

新卒、中途スタッフ(アシスタント、スタイリスト)の募集をしてます。

お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)