髪型を美容師さんに伝える時、大切なことは?

あけましておめでとうございます!

2017年の営業が始まりました。

 

今年もより一層、お客様のヘアスタイルが価値ある物になります様に頑張ります^ ^

 

西葛西美容室ポールの増田です!

僕の自己紹介はこちらから!

 

12月の話ですが

 

12月のご予約はかなり早めに埋まってしまい、当日や前日の予約が取れない状態でした。

 

何度もお電話を頂き、「キャンセルは出ましたか?」とお問い合わせを頂く事も。

 

どうしても年内に髪を切りたい!と

 

気持ちはよーーーく分かります。

 

ですが、残念ながら1人1人の髪の毛を大切に切らせて頂きたいのと、キャパオーバーの仕事はしないので予約枠をギリギリまでに設定し、残念ながら予約が取れないお客様はお断りをする事に。。。

 

その時、お客様に言われたんです。

 

 

「今回は仕方がないから他の美容室に行きますね、でもいつも増田さんは似合う様に切ってくれるからお任せでと言ってますが、他の美容室に行くとなると何て髪型を説明したら良いか?」

 

確かに、、、お客様の気持ちになって僕も考えました。何て髪型を伝えたら良いのか??

 

長さは〜

前髪は〜

量は〜

どの位の長さで〜

などなどお伝えする事はいくつかあると思います。

 

でも、僕がオススメするお伝え方は、

「私はどう見られたいか??」

って事です。

 

若く、可愛く、かっこよく、知的に、個性的に、品良く、仕事が出来る風、などなど

 

色々ありますが、何が大切かって、

『あなたはどう見られたいですか?』

 

増田的に言うと、これは女性像に当てはまります。

 

その中で髪の長さや前髪や質感などを設定して切らせて頂いてます。

 

ちょっと恥ずかしいかも!?ですが、

『私はこう見られたい!』とお伝えください!

(僕にも)

 

僕はそこら辺を引き出しながらカウンセリングさせて頂きます!^ ^

 

img_5159

 

カウンセリングって大切ですよー!!!

なんせ、僕ら美容師は髪のお医者さんですからねーーーー!!!!

 

 

ポールの便利なネット予約はこちらから!

△マークの時はお電話にてご確認ください(^○^)