髪を切るだけではなく、どこを切るのか?観る目が大切なんですよね!

髪を切るだけではなく、どこを切るのか?観る目が大切なんですよね!ってお話。

 

西葛西美容室ポールの増田です^ ^

僕の自己紹介はこちらから!

 

今年に入ってから毎月、かなり本気の撮影をしてますが、やり始めて思った事があります。

 

見えなかった髪の動きが少しずつ見えてきた。

でも普通にサロンワークをしていたら見えなかったんです。(見えていたつもり??)

カメラのレンズを通して見える世界こそが

本当の真実の世界なんだと。

(ちょっと大げさですかね。笑)

 

普通に見て(3D)可愛い!かっこいい!と素敵なスタイルを作っても、写真になると『なんだー!全然違う!こんな髪型を作りたかったんじゃない!!』

となるのです。

 

毎月フォトグラファーにご指導頂いて、

『そこの髪を動かすと良いんだよ!ここの髪が重いからどこを切ったらこの髪の毛は動くのかな?どこの髪を動かすとバランスがよく見える?』

と。

 

よく10メートル離れて見なさい!!と言われます。

10メートル離れると見えるんです。

しかも片目で見てね。

 

でも近くにいると何故か見えなくなる。。。

 

ゴムゴムの実があれば10メートル離れてみても腕が伸びて調整できるんだけどなぁ。これはルフィーしか出来ないか!笑

 

写真にするとその自分の見えなかった世界が、あからさまに見えてくる。

 

「そーかー、この毛を動かせば良かったのかぁ。

ここのボリュームが要らなかったのかぁ。

ここの髪の毛をあと少し短ければカッコよくなったなぁ。

ここの髪の毛が………」

 

まぁ結果的に言うと、まだまだ見えない世界がたくさんあり、まだまだ成長期です!笑

《増田、まだまだ上手くなりますよー!》

 

なんだろー。

美容師が年々楽しくなる。

ちょっとの苦労でより一層、美容師が楽しくなる。

 

美容師が楽しくないって人は周りには居ませんが、

(関わりませんが。笑)

もし、美容師が楽しくないと思うのであれば、

そのちょっとの苦労をしてないからなんだと思うなぁ。

 

そして、なんでそこまで髪の毛を追求してるのか??

それはお客様が僕の作ったヘアスタイルを気に入って頂けて、今までにない、その人の持つ魅力を最大限に引き出す事が出来るように、ヘアを通じてお客様が笑顔になって頂けて、またポールに行きたい!

もう、ポール以外の美容室は考えられない!

となって頂けたら幸いですm(_ _)m

 

 

 

その毎月やっている撮影の様子を見たいですか?

ほんの少しだけモザイクをかけてお見せしますね!

 

今回のモデルさんはカナダ出身の20歳の子でした^ ^

身長は僕よりも高く(僕は182センチです)

顔が小さすぎる!!!!

(これはオフショット)

img_4169

 

そしてーーー!img_4162

 

こんな感じで皆さんに協力してもらいながら作品を作りました!

ヘアだけに執着せず、一枚の絵として、どう表現するのか?

頭の中はオーバーヒートですが、オーバーヒートが人を成長させるんじゃないかなーと思います。

 

 

 

そしてー!今回のお気に入りショットは♫

img_4163

モデルさんのヘアを作るのに脚立に登るやまし〜!(撮影仲間)

この絵がもはや作品なんじゃないかな?笑

 

今回の撮影場所は、オペラシティの39階で見晴らしが良いスタジオでした!
img_4150 img_4166

(実は高所恐怖症です!)

 

いつもポールのブログをご覧頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)